<運輸安全マネジメントに関する取り組み>

1.輸送の安全に関する基本的方針

(1)社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

平成31年度/令和元年度輸送の安全に関する目標の達成状況

3.輸送安全管理規定

 別紙 つゝじ観光バス株式会社 安全管理規定


4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

〈輸送の安全のために講じた措置(平成31年/令和元年度)〉

 ・車両火災訓練、バスジャック対応訓練、観光ガイド後退誘導訓練、車内・交差点事故防止訓練
 ・車内構造についての継続的な実施
 ・運輸安全マネジメントに関する研修等の外部研修に参加
 ・救急救命講習の受講
 ・ドライブレコーダーの増設
 ・先進安全自動車の導入
 ・プロジェクター導入し、DVDによる視聴覚教材を使用した教習を実施

〈輸送の安全のために講じしようとする措置(令和2年度予定)〉

 ・車両火災訓練、バスジャック対応訓練、車内・交差点事故防止訓練
 ・車内構造についての継続的な実施
 ・運輸安全マネジメントに関する研修、安全運転研修など外部研修に参加
 ・貸切事業者の安全性評価認定制度二つ星(☆☆)取得


5.輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

6.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

CopyRight(C) Tutuji Kanko Bus All Right Reserved.